映像学校としての実践主義教育
活躍する人材とは

「実績・人脈・仕事をする力」を備える

映画・映像業界の就職に必要なのは
実績人脈

採用条件

①経験者か?(実績)

②誰かの知り合いか?(人脈)

①、②両方あるのが望ましいがどちらかでも面接OK!

※①、②がなければ即不採用センスやヤル気は重要ではない

面接を担当するプロデューサーも忙しいのでよほどのことがない限り採用

※面接さえしてくれれば就職できます。逆に「実績」と「人脈」がないと面接もしてくれません。

数多くの撮影現場を経験することで、映像業界の就職に不可欠な「実績」と「人脈」を作り、この現場経験が就職後の「活躍できる人材」を育てます。

東京映画映像学校だからできる3つのポイントで 映画・映像業界へ確実に就職!

プロの撮影現場で数多く働く!(ジョブロケ)

当校では、在学中から実際の撮影現場や制作現場に参加し、実際に映像業界のスタッフ(ギャラ有り)として働きます。その数は年間600本以上!様々なジャンルの様々な職種を体験することにより、本当にやりたい仕事・自分に向いている仕事を知ることができます。
現場を経験することは、技術や知識の習得に役立つばかりか、内定を勝ち取る最良の手だてでもあります。映画・映像業界への就職で必要なのは「実績」と「人脈」の2つです。
言い換えればこの2つがないと就職はかなり難しいと断言できます。
ジョブトレーニングコースは、このシステムで自ら「実績」と「人脈」を築きあげ、就職を勝ち取っていきます。

一年制!

「たった一年では専門的なことが学べないのではないか?」と思う人も多いでしょう。TMSが一年制なのには勿論、理由があります。それはカリキュラムが作品制作に重きを置いておらず、映像業界で働く能力を身につけるだけだからです。教室で学んで、現場で実践し、また教室に戻って反省をすることの繰り返しで、座学だけでは得られない「映像業界で働くための能力」を身につけていきます。「早く映像業界で働きたい!」という思いの強い方にはこれ以上ないシステムです。

映像制作会社として商用映像作品の制作!

TMSは映像制作会社という一面もあります。制作会社として請け負った作品を、学生が主体となって制作します。企画から納品まで、映像制作の一部始終を責任のあるポジションで経験することにより、より仕事としての映像制作ノウハウが身につきます。授業内でも「プロならどうするか」という着眼点で、実際のプロに教わりながら映像制作を行っていきます。

このページの先頭に戻る