映像業界ならではの求人の仕組みとは

映像業界の求人の仕組み

実は今、映像業界は好景気です。

2011年の完全地上デジタル放送化に伴ったチャンネル数の増加と、ワンセグ携帯やiPhone、iPadなどの携帯端末に向けたインターネット配信の飛躍的な発展により、映像業界は慢性的な人手不足に陥っているためです。

映画界も同様で、日本国内では、邦画と洋画の観客動員数が逆転し、邦画の制作本数が増えています。映画の都・ハリウッドでも邦画のリメイクがブームになっています。日本映画の制作現場は活気付いているのです。

映画とテレビ、二つの代表的な映像業界を見渡しただけでも、日本の映像業界に多くのニーズが集まっていることが分かるでしょう。これは、業界内部から見れば、業界全体に追い風が吹いているチャンスの時期なのです。

では、どうして求人が出回らないのでしょうか。

それは、一般の求人誌や大学に求人を出しても、三日と持たず辞めてしまう人が多いからです。求人を出して、新人を育成する費用は、企業の大きな負担になります。費用をかけて人を雇っても、未経験者では想像以上の仕事の辛さに耐え切れないのです。

費用に見合わない求人を出すより、身の周りにいる「映像業界で働きたい」という情熱を持った人員を引き抜く方が、企業側としては効率的なのです。これが、求人が一般的に出回らない理由です。

一般的な企業への就職と映像業界への就職の違い

一般的な企業

エントリー
会社説明会&応募書類の提出
説明会などで毎日大忙し。
書類選考で落とされるのがほとんど。
面接
何回も行う企業もある。
最終面接で落とされることもよくある。
採用
やっと就職しても、なかなかやりがいのある仕事に就けなかったりするが、自分に武器がないため転職できない。

映像業界

エントリー
会社側の条件
①経験者であるか?<実績>
②誰かの紹介か?<人脈>

①②ともに当てはまらない場合は即不採用。本人のやる気・センスなどは重要ではない。

①②両方あるのが望ましいが、どちらかでも面接までは行なってくれる。

よほどのことがない限り面接さえしてくれれば採用

このように映像業界に就職するには実績人脈が必要です。

一般的な映像学校と東京映画映像学校の違い

一般的な映像学校 東京映画映像学校
・作品を作ってみせることがメイン(商品ではない)
・ある程度は学べても疑似体験
・実績を積めない
・お手伝い程度のインターンシップ
・一般的に発売、放送される商品を制作
・実際に発売、放送される現場に参加
・実績を積むので、就職活動に有利
・正社員のような役割を与えられるジョブロケ

このように「東京映画映像学校」ならではのシステムにより
実績人脈が確実に自分のものとなり、
映像業界へ就職できます。

このページの先頭に戻る
イベント学校説明会 資料請求