OB/OGからのメッセージ

業界のリアルを教えてくれる!!

学校に入った経緯として、実は、僕一度他の映像学校に入学してるんですね。そこは良くも悪くも「学校」だったんで、本当のリアルを教えてくれなかったんですが、たまたま学校を知って、「ここならおもしろそうだな」と思い入学を決めました。ほんとにクライアントがいる撮影現場に連れていかれるのでビックリしましたが、今思うとああしないと何も勉強できないし、業界のことをお金の面まで含めて、学生のうちから少しでも知れたのが良かったですね。就職はスタッフの方からの紹介です。この業界はやったもん勝ちだと思います。1つ1つの出会いが後々どう変化するかわかりません。人との出会いは大切にした方がいいと本当に思いました。

吉野 司(映像編集)
テレビ朝日系列「素敵な宇宙船地球号」等多数

他の学校とは絶対違う実践教育

普通の学校ではありません。現場参加がとにかく多く、授業についていけなくなるのではと心配でしたが、実際は座学の授業より現場で学ぶ事の方が多かったですね。制作実習で企画を通すのが大変だったり、撮影・編集期間は超過密スケジュールで、学校に泊まり込んだりとまさにサバイバルでしたが、限られた時間や条件の中で作品を作る厳しさを思い知らされたおかげで、現場で「学生だから」と甘えが許されない辛い時も乗り越える事ができました。そんなことがつながってか、何と高校の時から希望していた制作会社に見事就職!在学中から何度もその会社の現場に参加していたので、入社したばかりなのに社内のほとんどの人が私を知っているというちょっと面白い事になっています(笑)。

深井 理恵(制作デスク)
株式会社MATSURI

サバイバルを生き残れた理由

授業は、初めはわからないことだらけでした。しかし、1年間で何回も制作現場に参加したり、作品制作を行ったり、座学だけでは味わえない勉強ができました。いくら頑張って覚えようと思っても、自分が実際に触れたり、やってみないとわからないことがたくさんあるんですよね。撮影現場にたくさん参加できるので、早く身につけることができます。今の私があるのは、1年という短い時間で実力をつけられた学校のおかげだと思います。学校で学んだことは、就職後に絶対役立つし、他の学校の卒業生に、何か差をつけられると私は思います。少し忙しい学校生活かもしれませんが、自分のやりたいことや、夢に近づくために頑張ってください。

依岡 由里子プロデューサー
株式会社日テレAX-ON

このページの先頭に戻る
イベント学校説明会 資料請求