TMS 東京映画映像学校

学生レポート

WebCM撮影【学生A】

  • 現場で与えられた役割・作業内容

    ◎制作アシスタント
    ケータリング、お弁当配膳、撮影セットのばらし、撮影セットの組み立て、撮影の準備。

  • どの様にこなしたか・自分なりに工夫した部分

    なるべく周りを観察して自分から動くようにした。同じ立ち位置のスタッフの方より、自分で気付いて早く動くことを意識した。

  • 大変で辛かったこと・叱られたこと

    スタジオでの撮影は二回目でしたが、スリッパだったので外の撮影とは違い足の裏が痛くなって動きが鈍る事が多いと今回改めて痛感した。

  • 嬉しかったこと・褒められたこと

    初めてCMの撮影現場を見られたことが純粋に嬉しかった。
    ブッチャーズのTシャツを着ていたら、演者さんのマネージャーさんに声を掛けられて会話になるきっかけになったのが嬉しかった。
    帰り際にスタッフの方に「頑張ってね!」と笑顔で声を掛けていただいた事が嬉しかった。

  • 勉強になったこと・真似したいと思ったこと

    先生方と同じ現場に行き仕事をしている姿を見られたのが貴重で、すごく勉強になったし嬉しかった。
    スタッフの方の役者さんへの演技の付け方が勉強になった。(役者さんを褒めてテンションをあげてから、こうした方がいいよなどの演技付けをして撮影していること、セリフのイントネーション、セリフの強弱、演技の身振り手振りなど)
    またCM撮影での画角や、モニターでの後ろのヌケ撮り方もすごく勉強になった。
    またCMは撮影する上での秒数が決められているので、撮影でのセリフを言う早さによって秒数が変わってしまうことがあるので、それを踏まえた演技指導のやり方が大事なのだと思った。
    会社の方からの差し入れがあった時は、現場で声をだして「〇〇さんから差し入れを頂きました!」と伝える事をスタッフの方から教えていただき、勉強になった。
    CMの現場は初めてでしたが、白バックでの照明の組み立て方や撮影の仕方を見るのが、すごく勉強になった。
    またスタジオの方とお話しができたのですが、自分も入学する前に一度スタジオに面接に行こうかと思った時があったので、スタジオでの色んな話を聞けたり照明についての話も聞けて勉強になった。
    スタッフの方の撮影の仕方やアシスタントの動きを観察できて勉強になった。今回は照明部は呼んでいない?現場だったのでスタッフの方やアシスタントの方が照明もいじっていて撮影兼照明をできるのが本当に凄いな、と思った!!

  • 次回努力したいこと・意識が高まったこと

    入学する前は映画・PV・ドラマの撮影現場で働きたいと思っていたが、授業でCMを作ったり今回初めてCMの現場にも行くことができてCMの作品を作る楽しさが分かってきて、映像の視野が広がってきた。もっとCMの現場に行ってみたい!
    また今回のように撮影兼照明をやっているスタッフさんの現場に行きたい!アシスタントとしてつきたい!と思ったので、撮影兼照明をしている方のコネクションをたくさん作って、そういう方がいる現場にたくさん行こうと思った。

 |  | 学生レポート 一覧

PAGE TOP