TMS 東京映画映像学校

業界用語辞典 「絞り」

絞り

シャッタースピードと相関して撮影する画像の「露出値」を決定するもの。デジタルビデオカメラの場合、シャッタースピードはCCDなどの撮像素子が電気的に設定しているのに対してこの絞りは、レンズの中に組み込まれた円形状の「穴」の大小によって物理的に撮像素子に到達する光の量を調整するもので、言わば人間の瞳に似ている。この絞りは「F」という単位で表示され数値が小さいほど多くの光が撮像素子に到着する(例:F1.8F5.6など)。一方、実際の撮影においてシャッタースピードと同様に設定値によって撮影される映像に違いが出る。同じ、焦点距離のレンズを使った場合、絞りが開いている方(F値が小さい)が被写体のピントが合う範囲「被写界深度」が浅く、絞りが閉まるほど(F値が大きい)被写界深度が深くなる。

> 索引に戻る

見出し 「し」 に該当する単語

シーエムシノプシス商品撮り
シークエンス縛り(しばり)焦点距離(しょうてんきょり)
シーケンサ絞り焦点深度(しょうてんしんど)
シート絞り上げ緞帳(しぼりあげどんちょう)照度
シーナリー・スペース自前照トラ
シーン字幕浄瑠璃(じょうるり)
地明かり(じあかり)下手(しもて)助監督
仕上げ尺(しゃく)初号
ジェネレーション尺合わせショックマウント
地がすり(じがすり)写真所作台(しょさだい)
地がた(じがた)写真植字(しゃしんんしょくじ)常識物
じか引きシャッター書体
支木(しぎ)シャッタースピードショット
色差信号(しきさしんごう)写譜屋(しゃふや)序破急(じょはきゅう)
色相(しきそう)紗幕(しゃまく)
色度信号(しきどしんごう)シャモ番組尻切れ
事故じゃりタレしりボールド
指向性じゃり番資料
事故補償車両シルエット
仕込みジャンプショット/ジャンプカット
時差週プロシロ受け
システム・コンバータシャレードシロ送り
鎮(しず)シュート白完パケ
鎮枠(しずわく)シューボックス型ホール白キズ
集音マイク白素
仕出し18禁白パト
下見(したみ)主調整室白盤
七三(しちさん)順行(じゅんこう)白マザー
シチュエーション順光(じゅんこう)白味
視聴率順撮り芯(しん)
実景(じっけい)準備稿(じゅんびこう)シンク
実写(じっしゃ)状況音シンクジェネレーター
シナリオ情景(じょうけい)シングル
シナリオハンティング上敷(じょうしき)ジングル
死ぬ定式線(じょうしきせん)シンクロ撮影(シンクロ)
シネキン定式幕(じょうしきまく)シンクロナイザー
シネマコンプレックス(シネコン)常識物シンクロナイズ
シネマスコープ(シネスコ)定式物(じょうしきもの)深層記録(しんそうきろく)
シネマスコープサイズ肖像権

PAGE TOP