TMS 東京映画映像学校

業界用語辞典 「フェード・イン/アウト」

フェード・イン/アウト

次第に画面が表れてくるのがフェード・イン。だんだん薄くなって消えていくのがフェード・アウト。FI・FO と表示上略字の記号を用いる。0から通常の量に変化させるものが「FI」であり、その反対の通常の量を0に変化させるものが「FO」である。映像機器では、黒色などの単色から通常の映像画面に変化させるものが「FI」であり、逆が「FO」である。これは、フィルムの編集やビデオスイッチャーなどの機能に頼らずとも、照明機器の電圧を0に変化させることで、黒色の画面を作り出すこともできる。また、その逆も可能である。これは、照明の「FI」「FO」であり、同様に音声についても操作が可能である。

> 索引に戻る

見出し 「ふ」 に該当する単語

ブースター局ブツ回しブリンプ
ブーストふところ振る
ファーストエディット葡萄棚(ぶどうだな)ブルーバック・ブルーマット
ブーミーフル画面
ブームふみづらフルショット
ファイリングプライムタイムフルフィギュア
ファインダーフラグ/フラッグフレア
フィートキャンドルプラグプレイバック
フィックスブラック・ボーダーフレーミング
フィッシュアイブラックバランスフレーム
フィラーブラック・ライトフレーム・イン/アウト
フィルターぶらさがりプレイバック
フィルムフラッシュプレス
フィルムセメントフラッシュカットプレスカード
フィルムライブラリーフラッシュ・バックプレスキット
封切フラッタープレスコ
ブースフラットプレスレビュー
フードフラット・ライトプレゼンス
フートキャンドルブランキングプレゼンテーション
ブームブランケットエリアプレビュー
プール取材フランジフレヤー
フェード・イン/アウトフランジバックぶれる
フォーカスフランジバック調整ブローアップ
フォーカス・イン/アウトプランナーフロアディレクター
フォーカス・パンフリー太棹(ふろざお)
フォーマットフリーズブローアップ
フォグプリアンププログラムAE
フォロー・ショット振り落とし(ふりおとし)プログラムディレクター
フォローフォーカス振り替えプロセニアムアーチ
ふかれ振り切れプロダクション
俯瞰プリスタートブロッキング
ふきかえプリズムブロック収録
副調プリセットプロット
舞台監督(ぶたいかんとく)フリッカープロデューサー
舞台稽古(ぶたいけいこ)ブリッジプロローグ
舞台端(ぶたいばな)フリップフロント・スポット
ぶっつけ本番プリ・レコプロンプタ<Prompter>
フット・ライトプリロールプロンプタ・ボックス<Prompter Box>
物撮りプリント

PAGE TOP