TMS 東京映画映像学校

映像業界に就職したければ専門学校と大学、どちらに行くべき?

2022.05.10

数多くの方と面談している中でなかなかの頻度で聞かれるこの質問、
せっかくなのでこの場を借りてハッキリ答えを出してみたいと思います。

まずTMSはどのくくり?

よく間違えられますが、TMS東京映画映像学校は法律的なカテゴリでは専門学校ではありません。

株式会社が運営するその他のスクールという枠になります。
専門学校になるには様々な制約があり、業界就職という第一目標のためにそれらは余計な枷となると考え、このような形をとっております。

なんで枷になるの?というのは後においといて、

学校にはいくつかの種類があり、学校教育法という法律で定められています。
学校教育法:ウィキペディア

高校や大学は第1条で定められているので1条校と呼ばれます。
そんなふうに呼んだことないけど、そうなってます。
専門学校は124条でさだめられているので124条校ですね。

大学はどんなところ?

大学は4年制のところがほとんど
非常に高度な専門性を持った学問を学ぶところとなっています。
映画表現の歴史や心理学など意義深く深遠な題材に分け入っていきます。
でも案外必要ない授業も多かったりします。
第2外国語とか使うことない人がほとんどでは?でも履修しないと卒業できません。
そして学問に傾いているのでちょっと実践は物足りない。
授業がスカスカでテスト前以外はサークル活動がメインになっちゃう人も多数。(勝手な実体験)
夏休みと春休みが長く、その隙間にときどき授業に出ている感覚になるとかならないとか。
興味がなかった分野に新しい視点が開けたり、
新たな出会いがあったりといいことももちろんありますが、
モラトリアムな時間をゆったりじっくり過ごすイメージは否めないかなと。

専門学校はどんなところ?

専門学校は2年制が多いですね。
専修学校のうち、専門課程を持っている学校が専門学校です。
卒業すると専門士という学位がもらえ、短大卒相当の学歴として認められます。
すごいんだかすごくないんだかよくわかりませんが、もらえるものはもらいましょう。
ただ就職でものすごく有利になるかというと…、ほぼ無いのと変わりません。
専門士の資格の有無で合否を出す面接官は仕事をしていないのと同じですね。
よっぽど経歴を大事にする企業だけかな。だったら大卒を取りますよねぇ。
大学よりは専門的な実践が多いですが、入学試験が無いのでゆるふわ層が多いです。
また2年目は1年目の復習のような感じだから、2年間集中することができるかがネックかな。
撮影のバイトとか副業とか始めちゃうと途中で辞めちゃう人も多いですね。

就職での有利不利

例えばTV局に就職したいなら、募集要項に書かれているように、大卒以上が絶対条件になります。
確定的なことは言えないけど、それなりのレベルの大学で現役、コネクションも必要かと思います。
今から受験する方はぜひ必死に勉強しましょう。そうでない方は裏口を探しましょう。
ただし、ドラマや映画制作の現場の最前線である制作会社ではそれよりも仕事への理解ややる気が大事にされます。
どの学校を出ているか、ではなくどの現場でどんな仕事をしたいか、を面接で聞かれます。
そっちの方が面接官としてもリアルに学生の能力を推し量れますし、自社でどんな仕事を任せればいいか考えやすいです。
学校出たての新人は学校で習ったことにとらわれて頭でっかちになりがちですが、現場経験が豊富にある人材ならそれも避けられます。
TMS生は学生でありながら現在進行形で撮影現場に参加しています。

インターン参加作品リスト

TMSにしかできないこと

結局、法律上の違いはあれど、映像制作の実力をつけられれば、就職することはできるってことですね。
TMSが専門学校であるためには校舎は持ちビルであること
・校舎は持ちビルであること 
・専任講師(講師が本業の人)が一定以上いること
・授業時間800時間以上
などが必要です。無認可校などと後ろ向きな言い方をされる方もいますが
「最速で」
「最も実践的で」
「最も効果がある」方法をとろうとすると
国の認可を得られない、ってことです。
なんだか悪いことしてるみたいですね。。。

ともかく、
アクセス便利で制作会社も多い新宿で少人数授業
現役プロを講師にして、現場参加もガンガン参加して
1年という短期間で実践的な力と現場経験を持った映像職人を育てたいというTMSの方針には、専門学校は合わないですね。

何を重視するかは自分次第

TMSのOBには高卒の子もたくさんいましたが、みな就職していきました。
もちろん企業にもよりますが、採用条件が大卒となっている企業でも、
十分な実力と実績があれば会って話していただけることも多く、働きだすことができました。
むしろ専門学校・大学で就職できなかったという方がTMSで就職していくケースも多いです。
4年間ゆっくり学びたい、映像の文化的な部分を研究したければ大学を、
2年くらい仲間を作りながら作品作りに勤しみたいなら専門学校を、
1年で素早く就職して1日も早く実績を積みたければTMSへお越しください。

専門学校・大学のデメリットは…、炎上しそうなので伏せておきます。
気になる方は学校説明会へどうぞ〜(´ε` )

就職実績のある企業はこちらから確認できます。
https://tf-tms.jp/curriculum

◀ 前ページ |  | 映画・映像コラム 記事一覧

PAGE TOP