TMS 東京映画映像学校

業界用語辞典 「キー」

キー

映像業界の様々な場所で使われる。編集用語としては、「キーイング」などで使われ画像の一部を合成などを目的に抜き出す信号を指す。(マスクとも呼ばれる)。クロマキーもこの一つの例で背景のブルーの部分を透明とみなして他の映像をはめ込む。これは、紙きり演芸で切り取った白い紙を黒い台紙に張って見せる状態に似ている。この他、ルミナンスキー、セルフキーなどがある。

> 索引に戻る

見出し 「き」 に該当する単語

PAGE TOP