TMS 東京映画映像学校

業界用語辞典 「30P」

30P

30Pとは、毎秒30フレーム・プログレッシブのこと。ビデオやテレビでは毎秒30フレームでの画像構成がされている。そのため映画で使われてきた24フレームよりも高画質な映像となっている。ただし、従来のテレビはインターレスという走査線を1つ飛びに送る画像を奇数走査線分と偶数走査線分を順に表示させている方式を使ってきた。そのため、インターレースではチラつきが生じてしまうのに対し、プログレッシブではすべての走査線分を送る方式であるため、チラつきがなくなり、非常にキレイで滑らかな画像となる。したがって30Pというのは毎秒30フレームをプログレッシブ方式で送る映像信号を表す。

> 索引に戻る

見出し 「数値」 に該当する単語

PAGE TOP